事業内容

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、おおむね65歳以上で心身に障がいを有するなど、日常生活を営む上で常時介護を必要とし、 家庭において介護を受けることが困難な要介護3~5の認定を受けられた方が対象の施設です。

入浴・食事・排泄などの介助や健康管理等を行います。また年間を通して、お誕生日会、クラブ活動やお花見、運動会、 クリスマス会など四季折々の行事を行っています。

ケアハウス

ケアハウスとは、身体機能の低下や高齢によって、独立した生活を送ることに不安を感じ家族の方から援助を受ける事が困難な方にご入居いただく施設です。 原則として自炊ができない程度で、その他の日常生活の維持が可能な60歳以上(ご夫婦の場合は、どちらか一方が60歳以上)の方がご入居できます。

介護が必要なときには訪問介護や通所介護などの在宅サービスを利用します。

通所介護事業[デイサービス]

デイサービスでは、入浴・食事・日常動作訓練(レクリエーション)などのサービスを利用しながら1日ゆっくり過ごしていただきます。 他のご利用者とのふれあいや各種の活動を通じて、潤いと安らぎのある時間を過ごしていただいています。

在宅で生活されている、要介護認定(要支援、要介護1~5)を受けられた方が対象となります。

訪問介護事業 [ホームヘルプサービス]

訪問介護事業 [ホームヘルプサービス]

ホームヘルパーがご家庭を訪問し、身体介護・生活援助等のサービスを提供し、自立した日常生活を送るためのお手伝いをいたします。 在宅で生活され、要介護認定(要支援、要介護1~5)を受けられた方が対象となります。
◎身体介護

(食事、入浴、排泄、更衣、清拭等の介助)
◎生活援助

(調理、洗濯、掃除、買い物等の援助)

居宅介護支援事業 [ケアプランセンター]

居宅介護支援事業 [ケアプランセンター]

在宅でより良い生活が送れるよう、介護サービスのトータルサポートを行います。

要介護認定(要支援の認定を含む)の申請代行や、認定後に、居宅で介護サービスを受けようとする要介護者や要支援者、 そのご家族の状況、生活環境、希望に応じたケアプランを作成し、適切なサービスが提供されるよう、 事業者との連絡調整を行うなど、在宅での生活を支援します。

配食サービス

定期的に栄養バランスのとれた食事を提供するとともに、ご利用者の安否確認を行うサービスです。利用対象者はおおむね65歳以上の一人暮らしの高齢者、高齢者のみの世帯、身体障がい者で障がい及び傷病等の理由により調理が困難な方です。
※このサービスは介護保険サービスではありません。

地域包括支援センター

地域包括支援センターは、地域住民の心身の健康保持や生活の安定のために必要な援助を行うことにより、地域住民の保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援します。

(1)
介護予防ケアプランの作成など介護予防ケアマネジメント業務
(2)
住民の各種相談を幅広く受け付けて制度横断的な支援を実施する総合相談支援業務
(3)
成年後見制度の活用促進、高齢者虐待への対応などの権利擁護業務
(4)
「地域ケア会議」などを通じた自立支援型ケアメネジメントの支援など包括的・継続的ケアマネジメント支援業務

小規模保育事業

0〜3歳未満児を対象とした、定員が6人以上19人以下の少人数で行う保育です。 一人の保育スタッフが担当する子供の数が少ないため手厚く子供の発達に応じた質の高い保育を行うことが出来ます。