守口第4地域包括支援センター

専門的な知識を持つスタッフによるきめ細かい介護予防ケアマネジメント、総合相談支援、虐待防止・早期発見などの権利擁護、包括的・継続的ケアマネジメント支援等を行っています。
専門的な知識を持つスタッフによるきめ細かい介護予防ケアマネジメント、総合相談支援、
虐待防止・早期発見などの権利擁護、包括的・継続的ケアマネジメント支援等を行っています。
  • サービス
  • 施設紹介
  • 施設概要
  • サービス
  • 施設紹介
  • 施設概要
地域包括支援センターの基本機能
地域包括支援センターの基本機能

地域包括支援センターは次の基本機能を担います。

①介護予防事業および介護保険法に基づく新たな予防給付に関する介護予防ケアマネジメント業務

 

②多様なネットワークを活用した地域の高齢者の実態把握や、虐待への対応などを含む総合的な相談支援業務および権利擁護業務

 

③高齢者の状態の変化に対応した長期的継続的なケアマネジメントの後方支援を行なう包括的・継続的ケアマネジメント支援業務

職員配置
職員配置
1.社会福祉士 →「総合的な相談窓口」
高齢者や家族などからの相談を受け付け、病院や弁護士、ボランテイア団体などを紹介、提携して解決を図ります。 サービスを見直す必要がある場合は、事業者や医師らに働きかけてチームを作ることもあります。
2.保健師・看護師→「介護予防マネジメント」
利用者の心身の状態を判断、希望を聞きながら個別に目標や介護予防サービスの利用計画を立てます。
3.主任介護支援専門員→「包括的・継続的なマネジメント」「ケアマネジャーの支援」
認知症高齢者のケアプランや金銭管理、家族との関係などに悩む地域のケアマネジャーに指導や助言をします。 ケアマネジャーが孤立しないようにネットワークをつくったり、地域の医師会や介護保険施設、住民らが連携するための核になります。
地域包括支援センター 施設概要
施設概要
守口第4地域包括支援センター
〒570-0083
守口市京阪本通2丁目5番5号 守口市役所3階
●開 設
平成18年4月
●担当職員
4名