ロータス福祉会 採用情報

スタッフメッセージ
  • 介護スタッフ(特養)
  • 介護スタッフ(デイサービス/デイフィット)・介護主任
  • 看護師・ホームヘルパー・ケアハウススタッフ
  • 社会福祉士・介護支援相談員・生活相談員
社会福祉士のお仕事

お話をよくお聞きし、相手の価値観を尊重するよう心がけています

勘場 友以子

門真第1地域包括支援センターに勤務しており、主に65歳以上の高齢者の皆様のご相談に応じて、生活に必要なサービスや手続きをご案内しています。 地域包括支援センターとは、看護師あるいは保健師と主任介護支援専門員、私のような社会福祉士、3職種のチームアプローチで、地域住民の健康保持や生活の安定を支援するために設置された機関です。

私は、中学生の頃から人を支援することに関心があったので、社会福祉士を目指しました。この仕事の魅力は、地域住民が抱える問題を解決するために、 市役所や保健所、他機関の皆さんと連携をとりながら支援するところだと思っています。支援する方との信頼関係を築くために、お話をよくお聞きし、相手の価値観を尊重するよう心がけており、 「あなたやから話せる」と言われるとやはり嬉しいですね。人を助ける仕事ですが、私自身も助けられていることがたくさんあって、やりがいを感じる毎日を過ごしています。

1日の仕事の流れ
介護支援専門員(ケアマネジャー)のお仕事

人のお世話をしたいと思ったのが、この仕事に就くきっかけでした

篠田 賀恵

介護支援専門員(ケアマネジャー)というのは、生活援助が必要となった時点で、お家を訪問させていただき、生活状況をしっかり見て知って、 それぞれの方に合ったサービスを提供する仕事です。ご本人様は安心できますし、ご家族様にとっては介護負担の軽減になります。

私が高校生のとき、祖母が入院したんですが、そのときの病院スタッフの対応ぶりを見て、人のお世話をしたいと思ったのが、この仕事に就くきっかけでした。 公的な介護支援は、40歳から。障がい者の方も受けられますが、ここでは、やはり高齢者の方が多いです。利用者様に合わせたプランをたてる必要がありますので、訪問回数を増やしながら、 ご要望をお聞きするようにしています。元来、あがり症で人と接することが苦手だったんですが、利用者様やそのご家族、他の事業所の担当者と接するうちに、徐々に苦手ではなくなりました。 今では逆に、相手の方に緊張感を与えないよう、笑顔で対応するようにしています。

1日の仕事の流れ
生活相談員のお仕事

人を好きじゃないと出来ないし、人が好きだから楽しい

小島 正子

入居者様からお預かりしたお小遣いの管理や、ご家族様への行事予定の連絡など、施設と入居者様、そのご家族とのコミュニケーションを円滑にする生活相談員の仕事をしています。 介護スタッフとして入社しましたが、昨年4月から、今の仕事に就きました。以前は、一般の企業で営業や事務の仕事をしたり…主婦でもありました。

ここでは、医療的なことは看護師、生活のプランについては施設のケアマネジャー、と役割を分担しながら連携しています。 最初は不安でいっぱいでしたが、職場はとても明るい雰囲気。まわりの人にも助けられ、溶け込めたと思います。

入居者様やご家族様にもいろんなタイプの方がいらっしゃいますので、その方にあった内容のお話や話し方を心がけています。 とても近いところにいるからこそ、日々、発見も…人を好きじゃないとこういう仕事はできないと思うし、人が好きだから楽しい。 「どうせやるなら笑顔で楽しく!」をモットーに、毎日頑張っています。

1日の仕事の流れ