ロータス福祉会 採用情報

スタッフメッセージ
  • 介護スタッフ(特養)
  • 介護スタッフ(デイサービス/デイフィット)・介護主任
  • 看護師・ホームヘルパー・ケアハウススタッフ
  • 社会福祉士・介護支援相談員・生活相談員
介護スタッフ(特養)のお仕事

コミュニケーションは言葉だけではないですね

岸本 由悠希

中学生の頃、施設で過ごす祖父と祖母の面会に行ったとき、お世話してくださる施設の方の印象が強く残っていたので、この仕事を選びました。 実際にプロとして職場に入ると、介助の適切な仕方を頭では分かっていても、とっさにできなかったり…最初は戸惑うことばかりでした。 そんなとき、先輩の存在が大きかったと思います。注意するだけではなくて、サポートしてくれたりアドバイスしてくれたり、人の考えを聞いて初めて分かることもありました。

ルーティンワークで忙くても、空いた時間はできる限り利用者様の横に座ってお話するようにしています。 利用者様それぞれ性格が違うので、相手に合わせたお話をするよう心がけていますが、たとえば、認知症が進んだ方の場合、世間話をしても通じないことがあります。 そんなときには、手をつなぐだけでも和んでいただけるのがわかります。コミュニケーションは言葉だけではないということを、この仕事を通じて学ばせていただきました。

1日の仕事の流れ

人の役に立てた自分を誇らしいと思えます

桃井 優

デスクワークが苦手で、身体を動かす仕事がしたかったので、介護の世界に興味を持って専門学校に通いましたが、これから団塊の世代が高齢化し、 介護の手が足りなくなるという話を聞いて、この仕事に可能性を感じたのも理由のひとつです。

介護はあくまでサービス業だと思っていますので、利用者様にはプロとして接するように努めていますが、利用者様のなかには気難しい人もいれば気さくな人もいます。 最初の頃は手探りの状態で、会話ひとつに苦労しました。なので、先輩にアドバイスしてもらいながら、うまく笑いを引き出せたときは「やった!」と思いましたね。 利用者様のお手伝いをして「ありがとう!」って言われるとやはり嬉しいですし、困っている人を助けられたっていう充実感もあります。つらいことや苦労することもありますが、 利用者様の笑顔を見た瞬間にそれもふっとぶ!人の役に立てた自分を誇らしいと思える瞬間です。

1日の仕事の流れ

仕事を通じて積極的になれたような気がします

松本 綾子

入居者様の生活全般にわたる援助をしています。

ご希望や訴えのある方については、対応しやすいのですが、なかには思いを伝えることが苦手な方もいらっしゃいますので、できる限りこちらからお声がけをするようにしています。

もともと、保育士を目指していましたが、勉強中に介護のボランティアをやって介護に興味を持ち、今の仕事を選びました。資格はまだ取っていないので、これから挑戦するつもりです。 私自身は決して積極的な方ではなく、どちらかというと引っ込み思案なほう。最初、こういう仕事ができるのか自信がなかったんですが、職場のみんなから励ましてもらったり、 入居者様から「やってくれて、ありがとう!」のお声をいただいたり…仕事を通じて積極的になれたような気がします。入居者様の笑顔を見ることが、私にとっては一番の喜び! 1年ごとに、自分が成長しているのを実感しています。

1日の仕事の流れ